ニュース

NASA、地球に似た星を3つ発見

2013年04月19日 00時29分 JST | 更新 2013年05月04日 16時01分 JST
NASA

NASAは18日、地球に似た惑星を3個発見したと発表した。これらの惑星には、生命が存在するために必要な水も存在する可能性が高いという。

発表によると、惑星はケプラー宇宙望遠鏡を使って観測されたもので、地球から1,200光年離れた場所にある「ケプラー62」に2個、2700光年離れた「ケプラー69」に1個の惑星が、宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境をである「ハビタブルゾーン」に存在する。それぞれ、太陽に似た恒星の周りを回っており、たとえば、ケプラー69で見つかった惑星は、242日をかけて一周する。

この発表に対し、社会学者の石川和男氏は、「イスカンダルよりもずっと近い。」とTwitterで発言。宇宙戦艦ヤマトに登場するイスカンダルは、地球からの距離が148,000光年と設定されているため、ケプラー62は、100分の1程の近さと言える。

もし、放射能除去装置 コスモクリーナーDが今回発見されたケプラー62やケプラー69にあったら、ヤマトの旅も短期間で終わったのかもしれない。

関連記事

NASAが発見した地球にそっくりな星