ニュース

ファーガソン監督が引退 マンチェスター・ユナイテッドが公式HPで発表

2013年05月08日 19時41分 JST | 更新 2013年05月26日 19時02分 JST
Getty Images
MANCHESTER, ENGLAND - APRIL 22: Sir Alex Ferguson, manager of Manchester United celebrates victory and winning the Premier League title after the Barclays Premier League match between Manchester United and Aston Villa at Old Trafford on April 22, 2013 in Manchester, England. (Photo by Alex Livesey/Getty Images)

 

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドは8日、クラブ公式ホームページでアレックス・ファーガソン監督が今季で退任することを発表した。

 イギリスのBBCの報道によると、ファーガソン氏は71歳。1986年に監督に就任して以来、27年にわたって指揮を執ってきた。かつて同クラブに在籍していたデビッド・ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドなどの人気選手を育てた名将としても知られ、優勝回数はプレミアリーグ13回、チャンピオンズリーグ2回、FAカップ5回を数える。引退後は同クラブのディレクターなどの役職に就くという。

 BBCのホームページで同監督は「引退の決断は私にとって重大なこと。ずっとタイミングを考えていたが、今こそがまさにその時だった」と心境を語っている。後任には現レアル・マドリード監督のジョゼ・モウリーニョ氏などの名が挙がっている。

 イギリスの各報道機関はネット上に特設ページなどを用意し、名監督引退に対するファンの反応やリアルタイムニュースを随時更新している。BBC SportはLive Reportingで、大手新聞のThe TimesはManchester Unitedで速報を伝えている。

 同クラブには日本代表MFの香川真司選手が在籍し、ファーガソン監督から高い評価を得ていただけに、次期監督が誰になるのかは非常に気になるところだ。

■引退発表を受け、プレミアリーグの各チームもメッセージを出している。