ニュース

mixiのコミュニティを振り返る

2013年05月15日 16時11分 JST | 更新 2013年05月15日 16時13分 JST
Flickr / yuichirock

mixiの社長が交代するというニュースを受け、「私、こんなコミュニティに入ってる。」という議論がハフィントンポスト編集部内で湧き上がった。

あなたは、どのようなコミュニティに参加しているだろうか。編集部で話題に上がったコミュニティを紹介しよう。

バールのようなもの

“バールのようなもの”とは、ニコニコ大百科によると「バールのようなものとは、例えば刑事事件等において残された痕跡や特徴等からバールのようではあるが、物的証拠等の不足(実際に使われた工具が見つかっていない等)により、バールと断定するには至らない状況下において、犯行に使われた道具指し示すときに使用される用語である。」という説明がされている。いわゆる新聞業界用語。業界人が多数参加しているとか、いないとか…

身長180cm以上

身長180cm以上の男性が参加するコミュニティのようだが、「※長身男性が好きな女性の参加も歓迎します♪ 」とのこと。

間取り図大好き!

参加者13万というマンモスコミュ。もちろん今でも「間取り図ナイトツアー」なるイベントがよく開催されている。

facebookユーザー

開設日はなんと、2005年03月12日。

mixiで使える絵文字♡

「(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)」などが流行ったのもTwitterよりmixiが先でしたね。

パトラッシュ、ボク疲れたよ。

説明文によると、「もぅ疲れちゃったアナタのコミュ。 」らしい。

疲れたコメントが多数。

期限ギリギリまで行動できない

みんなの切羽詰まった感が伝わってくるようなこないような。

絶滅動物にロマンを感じます

絶滅動物の画像や写真が共有されていたり、博物館情報が共有されていたりする。

「地球に生きるものにとって共通の話題なのに、

 飲み会でこの話をすると、

 何故しらけてしまうのかしら…?」

スターバックス☆裏メニュー

店頭メニューにはない、自分だけのオリジナルなメニューを紹介しあう。スタバに関する豆知識のトピックスも。

他にも、ハフィントンポストに関するコミュティーなどもあり、根強いmixiユーザーが存在することがわかる。

かつては「ミクシィ中毒」という言葉もあった。「バトン」という日記のお題なども話題になった。最近FacebookやTwitterばかりという方も、久しぶりにmixiをのぞいてみてはいかがだろうか。過去に書いた恥ずかしい自己紹介ページを更新するきっかけともなりそうだ。