ライフスタイル

「世界のレストラン・ベスト50」日本からは2店が入選

2013年05月16日 14時48分 JST | 更新 2013年05月16日 18時30分 JST
El Celler De Can Roca

スペインのジローナにあるレストラン「El Celler De Can Roca」が、『Restaurant』誌によって「世界最高のレストラン」として指名された。

毎年、世界のトップクラスの料理人たちが、「世界のベスト50」リストの発表を聞くために一堂に集まってくる。このランキングは、900人を超える世界のレストラン専門家からなるグループが決定する。リストは26の異なる地域で構成され、地域ごとに議長を含めて36人からなる委員会が設置されている。各委員は7票の投票権を持ち、そのうちの3票以上は自分の地域外のレストランに投票しなければならない。

El Celler De Can Rocaが1位に指名されたのは今年が初めてだが、同店は8年にわたって同リストに名を連ね、ミシュランガイドで3つ星も獲得している。

米国のレストランでトップ10に入ったのは1つだけで、ニューヨーク市の「Eleven Madison Park」が5位となった。やはりニューヨーク市にある「Per Se」は、トップ10入りは逃したものの11位につけた。

以下、トップ50に入ったアジア地域のレストランを紹介しよう(トップ50全体のリストはこちら

43位:「Mr & Mrs Bund」(中国、上海のフランス料理店)、初入賞

39位:「8 1/2 Otto E Mezzo Bombana」(中国、香港のイタリア料理店)(イタリア本店の香港支店)

38位:André(シンガポール)

36位:Amber(中国、香港のフランス料理)

32位:Nahm(タイ、バンコクのタイ料理店)

22位:日本料理 龍吟(東京、六本木)

20位:NARISAWA(東京、青山)アジア最優秀賞

以下のギャラリーでは、ベスト10を紹介しよう。

[US版で2013年4月29日に掲載した記事を翻訳しました]

[Paige Lavender 日本語版:ガリレオ]

関連記事

世界のレストラン ベストテン2013