Huffpost Japan

睡眠不足で精子の数と質が低下

投稿日: 更新:
SLEEP SPERM COUNT
Alamy

睡眠の問題が男性の性生活に大きな影響を与えることは知られている。だが、性生活には十分な睡眠が必要だという理由がもう1つあることが、新しい調査によって明らかになった。

『American Journal of Epidemiology』誌に掲載された論文によると、睡眠障害と精子の数の減少には相関関係があるという。

具体的には、重い睡眠障害を持つ男性は、睡眠障害を訴えていない男性に比べて、精液中の精子濃度が29%低く、さらに「形態的に正常な精子の数が少ない」割合が高かったと、デンマークの研究者は報告している。

この研究結果は、採取した精液と血液のサンプル、および睡眠障害に関する質問調査の結果に基づいており、被験者は2008年~2011年の間に軍隊に招集されたデンマークの若者953名だった。

「男性の生殖能力に影響を及ぼす可能性がある要因のリストには、肥満、タバコの煙への暴露、化学汚染物質への暴露等がある。この調査は、新たな容疑者を加えることになった」と、フランスのジョセフ・フーリエ大学で生殖能力について研究するレミー・スラマ博士はThe Telegraphの取材に対して語っている。

さらに、睡眠不足は男性だけに影響を与えるわけではない。ハフィントン・ポストのブロガーであるマイケル・ブルース博士によれば、睡眠は女性の排卵を制御するホルモンのレベルに影響するため、女性の生殖能力に影響を及ぼす可能性もあるという。

精子に悪い影響を与えるものは、ほかにもいろいろある。缶詰や領収書、シャンプーやフライパンなど、思いがけない日用品も危険かもしれない。以下のギャラリーで紹介していこう。

Amanda L. Chan(原文/訳:佐藤卓/ガリレオ)

ハフィントンポストの人気記事

Close
Surprising Sperm Zappers
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡