Huffpost Japan

「アルマゲドン」ビールは世界最強

投稿日: 更新:
WORLDS STRONGEST BEER
英国スコットランドのビール会社Brewmeister(ブリューマイスター)は、世界最強のビール「アルマゲドン」(Armageddon)を販売している。 | Brewmeister

英国スコットランドのビール会社Brewmeister(ブリューマイスター)は、世界最強のビール「アルマゲドン」(Armageddon)を販売している。アルコール度数はなんと65%。ビールのアルコール度数といえば、3%から7%が普通だ。

公式サイトによれば、使われている原材料は、クリスタルモルト(甘い風味を持つ麦芽)、小麦、フレーク状オーツ麦、100%のスコットランド天然水などだという。

製造プロセスはまず、麦汁を凍結させる「冷凍発酵」という工程を経る。零度以下になると水分は氷になるが、アルコールは凍結しない。つまり、氷を取り除けば、非常にアルコール度数の高いビールだけが残るというわけだ。

アルコール度数は65%と高いものの、味わいは豊かだ。麦芽とホップの風味も効いており、甘みも生きているうえ、酵母もたっぷり残っている。

Brewmeister社の製造責任者ジョン・マッケンジー氏は地元紙『Donside Piper and Herald』に対し、アルマゲドンには「ねっとりとした舌触りがある」と語っている。創業者兼共同責任者のルイス・シャンド氏もこう言う。「パンチが効いた味という言い方ではまだ物足りないね。超音速電流がバシッと弾けた感じ、と言った方がピンとくるよ!」

アルコール度数の高いビールとしてはほかに、スコットランド北部沿岸フレーザーバラにある醸造所BrewDog(ブリュードッグ)が、2010年2月に度数41%のSink The Bismarck!(戦艦ビスマルクを沈めろ!)を、同年7月に度数55%のThe End Of History (歴史の終焉)を売り出している。

[販売ページによると、アルマゲドンは330mlボトルで55ポンド(約8400円)]

[US版で2012年10月24日に掲載した記事を翻訳しました]
[Rachel Tepper 日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

ハフィントンポストの人気記事

The Top 20 Selling American Craft Breweries
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

アルコール度数65%のビール、強さも価格も驚異的な「アルマゲドン ...

世界一“強い”ビール「ハルマゲドン」とは? | NOMOOOブログ

アルコール度数65%のビール ― ウォッカよりも強い「Armageddon ...