ニュース

黒田日銀総裁「金融機関の耐性を点検することが重要」

2013年05月26日 18時08分 JST | 更新 2013年05月30日 20時57分 JST
Reuters

reuters logo

日銀の黒田東彦総裁は26日、日本金融学会の春季大会で講演し、日本銀行の量的・質的金融緩和によるデフレ脱却の過程で金利は上昇していくとしたうえで、金融機関の金利リスク量が増加しているなかで、金融機関の耐性を点検することが重要な課題だと語った。

ただ、日本の金融機関はリスク量に対して十分な自己資本を有しており、仮に金利が1─3%ポイント上昇しても、経済の改善にともなう金利上昇であれば、金融システムが不安定化する懸念は大きくないと語った。[東京 26日 ロイター]