ニュース

ミャンマーに400億円 無償資金を供与

2013年05月26日 14時12分 JST | 更新 2013年05月26日 14時30分 JST
Flicker by Utenriksdept


民主化を支援するため、日本政府はミャンマーに400億円の無償資金を提供することが決まった。日本の首相としては36年ぶりにミャンマーを訪問している安倍晋三首相が26日、同国のテイン・セイン大統領とネピドーの大統領官邸で会談。民主化支援の一環として、新たに400億円の無償資金を供与することを伝達した。時事通信では以下のように報じている。

日本政府は今年3月、約510億円の円借款再開を決定。400億円の無償資金を上乗せするのは、ミャンマーの投資環境を整備するのが狙いだ。首相は対日延滞債務のうち、残額の約2000億円も全て免除する方針も伝え、両国関係の強化を目指す考えを示す。
時事通信 2013/05/26 12:43)

安倍首相は前日の25日には、ミャンマー最大野党を率いるアウン・サン・スー・チー氏と会談。産経新聞によると、「民主化を進めているミャンマーの国づくりに官民挙げて応援したい」と支援を表明していた。

※今回の無償資金上乗せについて、ハフィントンポストの読者の皆様はどうお考えですか?コメント欄にご意見をお寄せください。

【関連記事】

ミャンマーに郵便システムまるごと輸出を検討

関連記事

Top 10 Must-Sees in Myanmar