ライフスタイル

家族に乳がん、3割に遺伝子変異

2013年06月02日 23時20分 JST | 更新 2013年06月02日 23時31分 JST
Getty Images
LONDON, UNITED KINGDOM - JUNE 02: Angelina Jolie attends the world premiere of 'World War Z' at The Empire Cinema on June 2, 2013 in London, England. (Photo by Samir Hussein/WireImage)

家族が乳がんの女性、遺伝子変異3割 リスク予測に期待

日本乳癌(にゅうがん)学会の研究班が、母親ら家族が乳がんになった日本人女性260人の遺伝子を調べたところ、3割の人は乳がんや卵巣がんのリスクを高める変異があることがわかった。日本人の遺伝性乳がん・卵巣がんのリスク予測に役立つ成果で、3日、米臨床腫瘍(しゅよう)学会で発表する。

変異は遺伝子のDNA配列の間違いのこと。BRCA1、BRCA2と呼ばれる特定の遺伝子に変異があると、乳がん・卵巣がんが発症しやすくなることがわかっている。女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳房の予防切除を決断するきっかけになったのも、この変異だ。

昭和大病院(東京)や聖路加国際病院(同)、がん研有明病院(同)、相良病院(鹿児島)など全国8病院で遺伝子検査を受けた260人のうち、46人はBRCA1に、35人はBRCA2に変異があった。両方に変異のある人も1人いて、計80人(31%)に変異が見つかった。欧米とほぼ同じ比率だった。  【医療担当・大岩ゆり】

(朝日新聞デジタル 2013/6/3 7:02)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)