NEWS

シャラポワ、自身がプロデュースしたスイーツが「体に悪い」と批判される

2013年06月26日 19時42分 JST | 更新 2013年06月26日 19時58分 JST
Getty
LONDON, ENGLAND - JUNE 20: Maria Sharapova poses at a photocall to launch her new range of candy 'Sugapova' at Selfridges on June 20, 2013 in London, England. (Photo by Tim P. Whitby/Getty Images)


ロシアの女子プロテニスプレーヤー、マリア・シャラポワがプロデュースしたスイーツが「健康に良くない」と批判を受けている。

「シュガポワ」は、2012年夏にニューヨークでスタートしたスイーツブランド。“シュガー”と“シャラポワ”をかけ合わせたグミキャンディーで、5月末からは日本でも発売されている

しかし、イギリスの肥満防止団体「英国肥満フォーラム」から「健康に良くない」という批判を受けた。ロイターによると、「英国肥満フォーラム」のメンバー、タム・フライ氏は「あのスイーツを毎日食べ、なおかつ彼女のようなプロポーションを保つためには、少なくとも1日15時間はテニスをする必要がある。この点を明確にした上での販売なら問題ない」と述べている。

シャラポワはこうした批判を見越していたのか、今月「シュガポワ」が発売された時に「もちろん砂糖は体に悪いけれど、私のモットーは『何事もほどほどに』だから」とコメントしている。

本業のテニスは調子が今ひとつ。6月8日に行われた全仏オープン決勝ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦したが4−6、4−6で敗れ、連覇はならなかった。また、26日にはウィンブルドン選手権女子シングルス2回戦に出場したが、格下のミシェル・デブリト(ポルトガル)に3―6、4―6で敗れる波乱があった

関連記事

Maria Sharapova Style Evolution