福島の原発事故時、現地で勤務していた元東京電力社員・吉川彰浩さん(33)が各地で公演を行なっている。福島で命懸けで作業していることを知ってほしいと、今も会社に残る東電社員たちや、作業員のかたたちの生の声、現状を訴えるべく活動しているという。

6月に茨城県で開かれた講演で、吉川さんは下記のように話している。

「社会からのバッシングで辞めていく。お前らは全員死刑だ。死んで当たり前だ。罪を犯したんだ。死んで復旧してこい。これを面と向かって言われる。特に問題となっているのが社員の子どもたち。社員の子どもたちがいじめられる。子供同士でいじめられるならまだしも、私の甥っ子は、避難先で大人の人に生ゴミを投げつけられた。」

吉川さんは高校卒業後、東京電力に入社し福島第一原子力発電所で9年、福島第二原子力発電所で4年勤務したという。昨年6月に東電を退社し、現在は講演活動を続けている。吉川さん自身が東電を退社したのも、これらの東電社員や作業員へのバッシングが原因だという。朝日新聞デジタルでは吉川さんの講演内容を下記のように伝えている。

吉川さんは事故後、社員や作業員が非難され、矛先が親族にまで向けられたことが退社の契機になったと報告。「差別や偏見で現場を知る社員・作業員が辞めざるを得ない状態になっている。このままでは新たな事故が起きる可能性がある」と警告した。
(朝日新聞デジタル『「原発従事者への差別やめて」 元東電社員、福井で講演』より。2013/07/15)

辞める人が増えても、原発事故の復旧は続けなければならない。しかし、熟知している人間が次々に辞め、「原発の知識も薄い人間が福島原発を収束していく」ことになるかもしれないという現状に、吉川さんは「福島原発事故の再燃」を危惧する。

原発の作業は過酷だ。防護服などの下に普通の服を着るため、暑さは倍増。しかし、エアコンなどを設置すると、粉塵が上がり汚染度が上がるため設置できないという。

2年4カ月も経って全然復旧が進んでいないと皆さん思ってますよね。
しょうがない事実があります。働く人が満足に働けない環境なのですから
5月から10月までは暑さで作業効率は落ち
12月から3月までは寒さで作業効率が落ちます。
これは完全に汚染した発電所の構内ではクーラー、暖房装置が使えないのが大きな要因です。
また作業員の方々の線量がパンクしないように作業時間が放射線の強さによって極端に減ってしまうのも大きな要因です。
信じて頂きたいのが、現状の進み具合はマンパワーで見ても、精一杯やってるという点です。
(吉川彰浩さんのFacebookより。)

吉川さんは、現場の状況をもっと知る必要があると発信する。茨城新聞は、吉川さんの思いを書きのように伝えている。

吉川さんは現場で働く社員を守る必要性を強調し、「決して遠くで起こっている問題ではなく、皆さんの問題でもあることを未来を守るために認識してほしい」と呼び掛けた。
(茨城新聞「原発事故の苦悩語る 水戸、元東電社員・吉川さん講演」より。 2013/06/04)

脱原発か、原発推進か。参院選ではその点が争点になっている。しかし、今原発事故の収束にあたっている方たちのことを、決して忘れて論じてはならないのではないか。

世界一危険な原子力発電所が日本にあって、そこを支えていく人達を返りみない
それがどれだけ危険で無謀なことを知って欲しいと思います。
(吉川彰浩さんブログ「やらなければ」より。 2013/07/08)
Loading Slideshow...
  • 原発ゼロ・北海道電力の泊原発

    北海道電力の泊原子力発電所。右端が3号機(北海道泊村) 撮影日:2012年05月05日

  • 東北電力東通原発 

    敷地内に活断層があると指摘された東北電力の東通原子力発電所1号機の原子炉建屋(中央奥の白い建物)。右端の塔は排気筒。左端の茶色の建物は事務本館=2013年06月19日午後、青森県東通村

  • 東日本大震災・女川原子力発電所 

    女川原子力発電所(宮城・女川町) 撮影日:2011年04月12日

  • 福島第2原子力発電所

    東京電力福島第2原子力発電所=5日、福島県楢葉町、富岡町(時事通信社チャーター機より) 撮影日:2013年03月05日

  • 福島原発/福島第1原発の4号機

    福島第1原発の4号機=15日午前11時48分、福島県大熊町[代表撮影] 撮影日:2014年01月15日

  • 東海第2発電所

    日本原子力発電の東海第2原子力発電所=5日、茨城県東海村(時事通信社チャーター機より) 撮影日:2013年03月05日

  • 新潟県中越沖地震・柏崎刈羽原子力発電所

    東京電力の柏崎刈羽原子力発電所。(左から)5,6,7号機(16日午後、新潟県柏崎市)[時事通信ヘリコプターより] 撮影日:2007年07月16日

  • 浜岡原発と御前崎市街地

    中部電力浜岡原子力発電所(奥)と御前崎市街地=2012年10月03日、静岡県

  • 志賀原発訴訟・志賀原発 

    北陸電力の志賀原子力発電所。左側が2号機(石川・志賀町赤住) 撮影日:2009年03月12日

  • 日本原電敦賀発電所

    日本原子力発電敦賀発電所。左が日本初の軽水炉として1970(昭和45)年に営業運転を開始した1号機。右は2号機(福井・敦賀市明神町 撮影日:2012年03月06日

  • 関西電力美浜発電所

    敷地内の断層が活断層の疑いがあるとして、原子力規制委員会の調査対象となっている関西電力美浜原発(右から1号機、2号機、3号機)=8日午後、福井県美浜町  撮影日:2013年12月08日

  • 大飯原発

    関西電力大飯原発3、4号機の建屋。写真左側では、敷地内断層調査のため試掘溝を掘削する工事が行われている=2013年06月15日午前、福井県おおい町

  • 関西電力高浜原子力発電所

    関西電力高浜原発。右手前から1、2号機、左手前から3、4号機の建屋=27日、福井県高浜町 2013年06月27日午前、福井県高浜町

  • 島根原発の1号機と2号機 

    中国電力島根原発1号機(手前)と2号機(島根県松江市) 撮影日:2011年11月28日

  • 四国電力伊方原子力発電所

    佐田岬半島の瀬戸内海側にある四国電力伊方原子力発電所。頭が青色の建物が左から1号機、2号機、3号機=2012年11月18日、愛媛県西宇和郡伊方町

  • 玄海原発

    九州電力玄海原子力発電所(奥)。左から4号機、3号機(佐賀・東松浦郡玄海町) 撮影日:2011年05月24日

  • 川内原子力発電所 

    再稼働の前提となる安全審査に絡む川内原発の現地調査で、九州電力(左側)から説明を受ける原子力規制委員会の委員ら=2013年09月20日午前、鹿児島県薩摩川内市[代表撮影]

  • 高速増殖炉「もんじゅ」

    日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」=2013年6月6日、福井県敦賀市