NEWS

民主党の細野豪志幹事長、参院選の東京選挙区敗北なら辞任の意向

2013年07月21日 19時21分 JST
時事通信社

細野・民主幹事長、東京選挙区敗北なら辞任の意向

民主党の細野豪志幹事長は20日、参院選東京選挙区(改選数5)で議席を獲得できなかった場合の自らの進退について「私の仕事は東京選挙区をとることだ。すべての責任は私にある」と述べ、幹事長を辞任する意向を示した。東京都内で記者団に語った。

東京選挙区で民主党は現職2人を公認。だが、東京都議選で大敗し、参院選の公示直前の2日に鈴木寛氏に一本化した。公認を取り消された大河原雅子氏は無所属で立候補し、菅直人元首相が公然と支援するなど混乱した。

細野氏は「東京選挙区は私の責任で一本化した。民主党が土俵際でぎりぎり生き残れるかどうか、東京選挙区にかかっている」と強調した。

(朝日新聞デジタル 2013/7/21 16:13)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

関連記事

2013 参院選 画像で見る参院選動向まとめ