NEWS

福島瑞穂氏、社民党首辞任を表明

2013年07月25日 15時10分 JST | 更新 2013年07月25日 18時19分 JST
時事通信社

社民党の福島瑞穂党首は、25日午後に開かれた党の常任幹事会において、参院選の敗北に対する責任を取るとして党首辞任を表明した。社民党は参院選で改選2議席を確保できず、比例で1議席の獲得のみにとどまった。時事通信によると、25日夕に記者会見して、辞任の理由などを説明するという。

産経ニュースによると、同党の又市征治幹事長は22日、「誰かが辞めたら済むという話とは訳が違う。拙速に党首が辞める余裕はない」と述べ、福島瑞穂党首を中心に党の再建を図る必要があるとの認識を示していた。

関連記事

2013 参院選 画像で見る参院選動向まとめ