ニュース

イグノーベル賞受賞者:祝福を受けたここ数十年の馬鹿げた16の発見(写真)

2013年07月28日 15時53分 JST | 更新 2013年07月28日 16時01分 JST

MRIスキャンを使って、男性と女性の愛し合う画像をスキャンしたオランダの科学者や、チンパンジーがお尻で互いに誰だかわかることを発見した研究者にとって、まじめなところ、ノーベル賞は絶対にありえないものだったかもしれない。

しかし、ストックホルムが、こういった科学者を祝うことがなかったからといって、彼らが、まったく何の意味でも認められていなかった、というわけではない。実際、彼らはイグノーベル賞を受賞したのだ。

イグノーベル賞とは何か?それは、最初は、笑わせるかもしれないがすぐに考えさせる科学的な研究を、祝福するために毎年与えられているちょっと変わった賞である。

第23周年イグノーベル賞の式典は、9月に、ハーバード大学サンダースシアターで開かれ、雑誌「Annals of Improbable Research」によって主催される。今年のイベントでは、名誉あるイグノーベルリストに10の新しい受賞者が加えられるが、ここでは、ここ数10年の16の受賞者を見てみよう。

16 Bizarre Ig Nobel Prize Winners

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo