ライフスタイル

お肌と睡眠、予想以上に密接な関係 (研究結果)

2013年07月29日 01時40分 JST | 更新 2013年07月29日 01時52分 JST

ホリー・ゴーライトリーだけがビューティ スリープを必要としているわけではない。最近の研究ではわれわれが思う以上に睡眠は美容に影響するようだ。

エスティ ローダーは大学病院ケース メディカル センターとともに60人の女性参加者と彼女たちの睡眠パターンが与える肌への影響を調べた。30歳から49歳までの女性たちはまず二つのグループに分けられた。「質の悪い」睡眠パターンをもつ30人と、「質のいい」睡眠パターンをもつ30人だ。4晩にわたる調査の間、研究チームはひとりひとりの女性の肌がどうなっているかを調べた。

結果は驚愕に値する。小じわや、肌の色ムラ、張りの減少は「質の悪い」睡眠グループで2倍、日焼け (aka "The Silent Wrinkler") からの回復もずっと遅いことがわかった。さらに悪いことには、睡眠が乱れている女性たちの肌には水分不足や感覚反応の鈍化などの症状も見られた。

そう、そう、芸能人が美しさの秘訣は「睡眠」と吹聴しているのを聞いた時の自然な反応は苦笑いだ。しかしこの新たな統計はわたしたちに、高い化粧品から古き良き時代の睡眠美容法に乗り換えることを本気で考えさせる。推奨される7時間に満たない睡眠は体重増加につながるという過去の研究結果や、睡眠が乱れた人はよく寝ている人と比べ、不健康で、非魅力的、より疲れやすいとの研究者たちの発見も合わせて考えると、あなたも本気で考えた方がよさそうだ。

十分な睡眠をとった時、あなたは肌の違いに気がつきますか?

10 Outrageous Celebrity Beauty Splurges

Want more? Be sure to check out HuffPost Style on Twitter, Facebook, Tumblr, Pinterest and Instagram at @HuffPostStyle.

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo