NEWS

米NSA長官、「ネット監視は合法かつ有効」 スノーデン問題で

2013年08月04日 22時53分 JST | 更新 2013年08月04日 23時09分 JST
GettyImages

米NSAアレキサンダー長官、セキュリティー会議「ブラックハット」で自らの監視行為を弁護

米国家安全保障局のアレキサンダー長官は、Black Hatセキュリティー・カンファレンスの壇上で、NSAのやっていることは合法かつ有効で何ら議論を呼ぶものではないと再度語った。

Glenn Greenwaldによる長官の行動に関する詳細なリークを受け、NSAは懐疑的な聴衆を自分たちの側に転換させる必要があった。スピーチに関するTecchCrunchの最初の記事はこちら。彼の発言に対する論論家らの指摘はこちらで読める

彼のスピーチと同日、グリーンワルドとエドワード・スノーデンがXKeyscoreのニュースを公開したことは注目に値する。NSAのアナリストが令状なしでメールその他のメッセージの内容にアクセスできるシステムだ。

講演スライドはここにあり、現在のプライバシー・スキャンダルに対する彼の意見も読める。

トップ画像提供:ttarasiuk

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

【関連記事】

関連記事

Guantanamo Bay Revelations From WikiLeaks