ニュース

アマゾン創業者ジェフ・ベゾス氏、アメリカ有力紙ワシントン・ポストを2億5000万ドルで買収

2013年08月05日 20時18分 JST | 更新 2013年08月06日 20時29分 JST


世界的な影響力を持つ米有力紙ワシントン・ポストは2013年8月5日、米インターネット小売り最大手アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)に同紙が売却されると発表した。ベゾス氏個人が同紙を発行するワシントン・ポスト社から2億5000万ドル(約246億円)で買収する。アマゾンはこの買収に関与しないという。時事通信が伝えた。

【出版の関連記事】

ワシントン・ポストが報じたところによると、同紙の現在のオーナーであるグラハム(Graham)一族にはベゾス氏から2億5000万ドルの現金が支払われることになる。また同紙獲得は完全にベゾス氏個人によるもので、アマゾンの関与はないという

米国の日刊新聞。1877年、ワシントンで創刊。1972年のウオーターゲート事件のスクープなどで有名。発行部数は55万821部(2010年10月~2011年3月期平均)。
(コトバンク「ワシントン・ポスト」より)

ロイターによると、ワシントン・ポストのドナルド・グラハム会長兼最高経営責任者(CEO)は「新聞業界がここ数年直面してきた問題により、ワシントン・ポスト紙にとってもっと良い別のオーナーがいるのではないかと思うようになった」ことから売却を決めたと説明。

グラハム氏は、ベゾス氏が新たなオーナーとして好ましいと思う理由として、ハイテクおよび経営面での才覚や、長期的なアプローチを取っていることなどを挙げた。

ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)とは、米最大手のオンラインショッピングサイトである Amazon.comの創業者にして現CEOである。1964年1月12日、ニュー・メキシコ州生まれ。1986年プリンストン大学においてコンピュータサイエンスと電子工学の分野で学士号を取得、ニューヨークで数年間金融アナリストとして勤務したのち、1994年にシアトルへと移住してAmazon.comの立ち上げに取り掛かる。Amazonは大成功を収め、1999年にはTime誌のPerson of the Yearに選出されている。
(IT用語辞典バイナリ「ジェフ・ベゾス」より)

最近では、3月に大西洋の海底から、アポロ11号のロケットを引き上げたことでも話題になっている。

関連記事

米国紙の部数ランキング