NEWS

麻生太郎氏の「ナチス」発言を問題視する意見が相次ぐ

2013年08月05日 16時04分 JST | 更新 2013年08月05日 19時47分 JST
時事通信社


麻生太郎副総理が、ナチス政権について「手口を学んだらどうか」との発言をしたことを記事にしたところ、5日間で約50件ものコメントが寄せられた。「ナチス憲法は存在しない」「当時のドイツ人全員がナチスの独裁に納得していたわけではない」といった麻生氏の歴史認識に疑問を呈する発言のほか、「ナチスに対して曖昧ながらもシンパシーを持っているのは非常に危険」「曲解される余地が多すぎる」などと問題視する意見が相次いだ。一方で「許容範囲だと思う」「誤解したほうが悪い」として、麻生氏の発言のうち一部を切り取った報道の側に問題あるのでは?とする意見も寄せられた。

【麻生発言に関連する記事】

ハフィントンポストに寄せられた麻生発言に関する主な意見をざっくり分類してみた。コメントを一部抜粋する形でまとめている。

■歴史認識を間違っているのでは?

ナチス憲法というものは存在しません。「いつの間にか変わっていた」という史実も存在しません。全権委任法という議会をなくす臨時の法を暴力的に通過させてナチス独裁政権を遂行しやすくしたのが史実です。歴史を勝手につくりあげたことに対して何も謝っていません。
ggi7chw 2013年08月02日 09時58分

ナチスを持ち出すことがどう考えても正当化できません。歴史的にみても、ナチスの憲法‐全権委任法のことだと思いますが‐は反対派である共産党の弾圧と逮捕によって可能となったわけですし、「みんな納得して、あの憲法変わっている」わけではありません。
(Tonari no totoro 2013年08月01日 22時28分 )

■「ナチス擁護」と問題視する意見

麻生さんのことをよく知っている人ならば、好意的に趣旨も斟酌して受け取ってくれるだろう。でも、自分の立場を考えて、不特定多数の人に公の場で発言するのならこれはない。まず、麻生さんは誤解を招いたと言っているが、発言だけ(全文聞いたとしても)では曲解される余地が多すぎる。
chiechie 2013年08月02日 01時44分

彼はナチスを、最初は否定的な意味で引用し、最後の部分では肯定的に引用したわけで、それは弁明の余地はないと思われます。たとえそれが無知のためであろうと。麻生氏がナチスの歴史についてほとんど知らないのは明らかですが、それを差し置いても、政権党のNo.2がナチスに対して曖昧ながらもシンパシーを持っているのは非常に危険です。
katsudon 2013年08月02日 17時49分

問題となった発言は、決定的に国際感覚が欠如しているものです。「手口を学べばいい」という表現のもとに、なぜわざわざナチスというセンシティヴな例を持ち出さないといけなかったでしょうか?しっかりとした思想的な裏付けある信念にもとづいた言及だったのでしょうか?
microcosmos001 2013年08月02日 11時31分

ナチスの手口に、「学んだらどうかね」と言う事自体が、麻生氏のみならず、日本の方向性を疑わせる可能性があるのは、誰の目にも明らかだろう。歴史を鑑とするなら、「戒めとせねばならない」と表現すべきところだ。
GODFIELD 2013年08月01日 22時06分

■「一部を切り取った」と報道を問題視する意見

ある発言の、本旨とは異なる一部分を切り出し、「これが隠された本音だ!けしからん!」と騒ぐのは、そういうのが好きな人には面白いのかもしれませんが、どうなのでしょうね。私は正直興醒めです。
Narder 2013年08月02日 19時38分

別にナチス憲法を肯定したわけではないという橋下氏の言うことが正しい。誤解というのは、誤解したほうが悪いので、麻生氏は訂正する必要はなく、もっと詳しく説明すればわかる。
takanasirin 2013年08月02日 07時08分

麻生さんの発言を問題視するむきもあるが、個人的には許容範囲だと思う。一部を切り取って報じ、真意が伝わらなかっただけ。原発事故という最大の国難に加え中韓から領土を脅かされている今、こんなくだらない揚げ足取りしてないで、山積みの問題を解決して欲しい。
Masaya Koike 2013年08月02日 05時44分

【※】このように麻生副総理の発言に関連して、賛否両論さまざまな意見が出ています。麻生氏の発言とマスコミの報道、読者の皆様はどちらに問題があったと考えますか。改めてお考えを伺えればと思っています。

関連記事

麻生太郎氏画像集