ニュース

ドコモiPhoneへの布石? NTTレゾナントがSIMフリーiPhoneを販売

2013年08月16日 00時59分 JST | 更新 2013年08月28日 15時05分 JST
Getty
LONDON, UNITED KINGDOM - SEPTEMBER 21: Apple iPhone 5's are sold to customers in the Apple store in Covent Garden on September 21, 2012 in London, England. The much anticipated Apple iPhone 5 went on sale across the globe today. (Photo by Ming Yeung/Getty Images)

NTTグループのNTTレゾナントが、iPhoneのオンライン販売を開始した。SIMカードとセット販売されており、「ドコモの回線でiPhone」を手軽に利用できる。ソフトバンクやauで買った場合との違いは以下のとおり。

  • SIMフリー端末なので通信規格さえあえばどの事業者のSIMカードでも使える
  • 月額の支払いが最大1,456円(au 16GBで比較した場合)安い
  • 通信量制限は一日30MBまで(auとソフトバンクは月7GB)
  • 電話は使えないデータ通信専用

通信量の制限を厳しくし、SIMカードだけを割安で販売するMVNO制度を利用した。090や080で始まる電話番号を使って通話はできない。また通信量が安い分、一日あたりの制限が30MBと厳しくなっている。

ドコモからiPhoneが発売されるという憶測がたびたび報じられているが、グループ会社が先んじて投入したかっこうだ。新機種発表が9月10日にあると噂され、ドコモの動向も注目される。

SIMカードとアイフォーン5(記憶容量16ギガバイト)のセットをクレジットカード24回払いで購入した場合、料金はSIMカード利用料を含めて月5299円。

 同社によると、KDDIで同等の端末を2年契約した場合より月1456円、2年間の総額で4万9500円安くなるという。



(SankeiBiz「NTTグループ、iPhoneをネット販売 SIMフリー版で格安」より 2013/08/16)

販売ページにあるauとの価格比較表

ntt iphone

【iPhone関連の記事】

関連記事

iPhoneが殺した6つのもの