NEWS

iPS細胞から「小さい脳」を作成 英研究チーム

2013年08月29日 17時12分 JST
MADELINE A. LANCASTER

iPS細胞を使って、直径4ミリの人間の脳組織を作ることに成功したと、8月28日、オーストリアや英国の研究チームが科学誌「Nature」の電子版で発表した。人間の脳組織を人工的に創りだしたのは世界で初めてだという。

出来た脳の組織は、ヒトの大脳皮質のように神経細胞の層が重なり、記憶をつかさどる海馬の細胞や目の網膜の組織も含まれていました。また、研究グループでは、脳が生まれつき小さい「小頭症」の患者からiPS細胞を作り出し、同じように脳の組織にしたところ病気の状態を再現することもできたとしています。

(NHKニュース「“ヒトの脳組織 作り出すことに成功”」より 2013/08/29)

マウスの脳は人間のものと発達過程が異なり、人間の病気の解明や脳の発達過程の解明には役に立たなかった。人工の脳組織が作れるようになると、こうした研究が飛躍的に進む可能性がある。今回の研究では、脳の成長が止まってしまう小頭症の患者のiPS細胞から脳組織を作った場合でも、同じ症状が確認できたという。

作成した組織からは、記憶を司る部位である海馬の細胞や、光を感知する網膜も含まれていた。

チームは実験用の人間のiPS細胞を神経系の細胞へ変化させ、ゼリー状の物質の中に入れて培養。4日後、培養液の入った容器に移し、液をかき混ぜながら、さらに培養した。すると神経系の細胞への変化を始めてから2カ月で、直径約4ミリの脳組織に成長した。

(中国新聞「直径4ミリの「脳」作製 人のiPS細胞から - 中国新聞」より 2013/08/29)

まだ研究の初期段階ではあるものの、Natureの記事では「画期的」といった専門家の評価が並んでいる。

【iPS細胞関連の記事】