ニュース

名古屋市で避難勧告 西日本で猛烈な雨 名古屋駅前では道路が水没

2013年09月04日 20時49分 JST
時事通信社

9月4日、愛知県や岐阜県では1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降った。台風17号から変わった低気圧の影響だ。気象庁では「河川の増水やはん濫、低い土地の浸水に厳重に警戒」するように訴えた。

名古屋市は午後5時46分、同市北区を流れる堂前川の水位が上昇し、氾濫や堤防決壊の恐れがあるとして、北区の楠西小学校の学区内に2552世帯6171人に対し避難勧告を出した朝日新聞デジタルによると、同学区内には2552世帯6171人が住んでいる。

また午後5時10分には、浸水のおそれなどがあるとして、名古屋市内全域に、避難勧告の1段階前にあたる避難準備情報を発令。FNNニュースによると、避難準備情報とは、1人暮らしのお年寄りや体の不自由な人を、今のうちに避難させるよう呼びかけるもの。

北区の避難勧告は午後9時15分に、市内全域の避難準備情報は午後9時25分に解除された。

愛知県内でも各地で、土砂災害警戒情報が出た。

【2013年9月4日】名古屋の豪雨

ネット上では、名古屋駅前でマンホールから水が噴出したり、道路が冠水する模様が次々と写真付きでツイートされている。

世界の落雷写真集