NEWS

宮崎駿監督「風立ちぬ」受賞逃す ベネチア国際映画祭

2013年09月07日 19時31分 JST | 更新 2013年09月07日 19時52分 JST


イタリア北部ベネチアのリド島で開催されていた第70回ベネチア国際映画祭は7日夜(日本時間8日未明)、最高賞の金獅子賞にイタリアのジャンフランコ・ロージ監督の「サクロ・グラ」を選び、閉幕した。日本から出品された宮崎駿監督(72)の長編アニメーション「風立ちぬ」は賞を逃した。時事ドットコムが伝えた。

最高賞の金獅子賞はイタリアのジャンフランコ・ロージ監督によるドキュメンタリー映画「サクロ・グラ」が受賞した。審査員長はベルナルド・ベルトルッチ監督。音楽家の坂本龍一さんも審査員として参加した

コンペ部門のその他の主な受賞は次の通り(敬称略)。

  • 銀獅子賞(審査員大賞)=ストレイ・ドッグス(ツァイ・ミンリャン監督)
  • 銀獅子賞(監督賞)=アレクサンドロス・アブラナス(「ミス・バイオレンス」)
  • 男優賞=テミス・パヌ(「ミス・バイオレンス」)
  • 女優賞=エレナ・コッタ(「カステラナ・バンディエラ通り」)

【宮崎駿さんの関連記事】

関連記事

ベネチア国際映画祭 画像集