ニュース

百里基地航空祭が29回目の開催 雨天でも7万5000人の観客【写真集】

2013年09月08日 22時07分 JST | 更新 2013年09月08日 22時09分 JST
安藤健二

航空自衛隊・百里基地(茨城県小美玉市)で9月8日、第29回目となる百里基地航空祭が開催された。曇り空の中、小雨がぱらつくあいにくの天気だったが、同基地によると約7万5000人もの観客で賑わった。

【自衛隊の関連記事】

百里基地は関東地方で唯一、戦闘機部隊を擁している首都防衛の要だ。この日もF-4戦闘機やF-15戦闘機など基地所属の5種類のジェット機の飛行を一度に見ることができるほか、ブルーインパルスの曲芸飛行が予定されていた。しかし、この日は天候の問題で雲が低く、航空機の飛行はなく地上滑走が中心だった。爆音で空を飛ぶ飛行機を楽しみにしていた人々からは「え、飛ばないの?」と残念がる声が出ていた。

それでもUH-60J 救難ヘリコプターが離陸して、地上にロープを垂らしてレスキュー隊員が人命救助する模様を再現すると、雨傘を刺したりレインコートに身を包んだ多くの観客からは拍手が飛んでいた。来年には同基地で、一般非公開の航空観閲式が開かれるため、航空祭は再来年までのお預けとなる。

関連記事

第29回百里基地航空祭【2013年9月8日】