ニュース

「世界最大の洞窟」初のツアー参加者募集

2013年09月10日 15時11分 JST | 更新 2013年09月10日 17時10分 JST

ベトナムにあるソンドン洞(Hang Son Doong)は、世界最大の洞窟だ。

全長はおよそ9キロ。内部は、高さ幅ともに40階建てのビルが収まる規模だ。中には地下河川が流れ、一部にはジャングルまで存在する。

だが、この洞窟の内部の様子は、4年前まで誰も知らなかった。

1991年に現地の住人がこの洞窟の入り口を発見したが、その人物は、発見した入り口が急な崖になっていたために、洞窟の中へは入らなかったのだ。

2009年に英国の洞窟探検グループが初めて、この洞窟の学術的探査を行い、世界最大であることが確定した

ベトナムの旅行会社Oxalis社は今年8月に、この洞窟のツアーを試験的に実施した。来年実施予定の6日間ツアーの参加申し込みを現在、受付中だ。

来年予定のツアーでは、参加者はソンドン洞に入るために、80メートルの崖をザイルを用いて懸垂降下する。

来年のツアーでは、洞窟内での最初の夜は、巨大な石筍(せきじゅん、鍾乳石の先端から落ちる水滴が、タケノコのような形に集積したもの)である「Hand of Dog」(犬の手、以下の写真)の近くでキャンプを行う。

洞窟の天井の一部は数百年前に崩れ落ち、そのために、青々と茂ったジャングルが洞窟内に根付いている。探検家たちが「Garden of Edam」(エダムの園)と名付けたこのジャングルには、サルやオオコオモリが生息する。

太古の水たまりに生育する藻類が、洞窟内部を所々覆っている。

ソンドン洞は希少な洞窟真珠(ケイブパール)の宝庫だ。この真珠は、砂粒の上に水滴がしたたり落ちては乾燥することで、砂粒の周りに方解石の結晶の層が幾重にも作られていくことで、数百年をかけて形成される。

ソンドン洞内には滝もある。周囲では、科学者により新種の植物が複数発見されている。

ツアー料金の3000ドルが高すぎるという方は是非、以下の動画でソンドン洞の森のバーチャルツアーを見ていただきたい。

関連記事

世界各地の洞窟ホテル