NEWS

堺市長選で石原慎太郎氏の応援演説にヤジ「堺の話をしろ!」

2013年09月25日 01時22分 JST | 更新 2013年09月25日 01時47分 JST
Getty
JAPAN - FEBRUARY 06: Shintaro Ishihara, Governor of Tokyo, speaks during an interview at the metropolitan government's headquarters in Tokyo, Japan, on Tuesday, Feb. 6, 2007. Ishihara said Japan needs a more comprehensive immigration policy to prevent low-skilled workers or criminals from entering the country. (Photo by Robert Gilhooly/Bloomberg via Getty Images)

「堺の話をしろ!」。9月23日、堺市長選の応援に訪れた日本維新の会の石原慎太郎共同代表に、聴衆から、やじが飛ぶ一幕があった。MSN産経ニュースが報じている。

【堺市長選の関連記事】

9月29日に投開票される堺市長選は、大阪都構想に対する有権者の判断とともに、投票率の行方も注目されている。市選管では、低投票率を返上しようと、女性ファッション誌のような選挙ポスターを作成して、若者に選挙を呼びかけるなど、新たなPR作戦を展開していた

3連休の最終日となった23日の午後8時すぎ、堺市内の中学校で日本維新傘下の大阪維新の会公認候補・西林克敏氏(43)への支持を訴えた石原氏。約600人の聴衆を前に、現憲法は連合国軍総司令部(GHQ)の押し付けなどとする憲法観や歴史観についての持論を展開しはじめた

これに対し、聴衆の一人が「市長選の話を聞きに来たんや」と大声で批判。「そうや」というやじも加わった。石原氏は「大事な話をしているんだ。失礼なやつだ。(前に)出てこい」と言い返したという

朝日新聞デジタルによれば、石原氏はが8月31日の党執行役員会で、橋下徹共同代表が推進する大阪都構想について「名称がわかりにくい」などと苦言を呈していたという。

石原氏の発言をうけて、インターネットではこんな声が上がった。

関連記事

ニュースで見る橋下徹市長 画像集