NEWS

Twitter、非常時に「信頼できる情報」スマホに配信する機能

2013年09月26日 00時54分 JST | 更新 2013年09月26日 00時55分 JST
Twitter

災害など緊急時に、信頼できる発信元の情報をスマホに届ける機能がTwitterに追加された

日本で現在対応している情報の発信元は、日本気象協会や東京消防庁、警視庁警備部災害対策課など8アカウント。地震や台風、大きな事故など緊急時に、これらのアカウントがツイートをすると、オレンジのアラートマークが付いてタイムライン上で目立つように表示され、スマホにプッシュで通知される。

東日本大震災の際、Twitterでデマが拡散される事例が多く見られたが、こうした混乱をいくらかでも防ぐことが期待される。

なお、和光学園と嘉悦大学の、学校のアカウントは、災害時や構内に不審者が侵入した際などにアラート付きのツイートを発信し、生徒や保護者にいち早く知らせることが狙い。

日本気象協会 / tenki.jp @tenkijp                            


日本気象協会 / tenki.jp地震情報 @tenkijp_jishin    


東京都防災 @tokyo_bousai                                    


警視庁警備部災害対策課 @MPD_bousai                


東京消防庁 @Tokyo_Fire_D                                    


TOKYO FM @tokyofm                                            


和光学園 @wakogakuen                                         


嘉悦大学 @kaetsu_univ                                         

【Twitter関連の記事】

関連記事

IT企業の創業者画像集