NEWS

竹田城が有料化 「天空の城」として有名な山城

2013年10月01日 15時28分 JST | 更新 2013年10月02日 15時15分 JST
Flickr / smashmedia

雲海に浮かぶ景色から「天空の城」として有名な兵庫県朝来市にある竹田城で、10月1日から入場料の徴収が始まった。高校生以上は300円。中学生以下は無料。入場料は史跡保全、道路整備、トイレなど関連施設の維持管理に充てられる。

竹田城 写真集

竹田城を管理する朝来市はHP上の告知で、入場料を徴収した理由を以下のように説明している。

ここ数年の竹田城跡の人気の高まりとともに、史跡保全、道路整備、トイレ等関連施設の維持管理が重要な課題になっております。今回の観覧料については、これら課題解消のためにかかる経費の一部を、入場者の方にご負担をお願いするものです。

■Google マップに掲載されている竹田城周辺の様子


大きな地図で見る

竹田城は、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」から、「行ってよかった!日本の城 2013」ランキングにおいて、熊本城、犬山城、松江城、松本城につぐ5位にランクされている。

山城遺跡として全国でもまれな完存する遺構であり、天守台は標高353.7メートルの山頂に築かれています。現存の遺構は、豊臣秀吉が但馬攻め(天正5年)の後、近世の城郭に普請するように命じたものとみられています。別の名を“虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)”とも呼ばれ、国の史跡に指定されています。平成18年には、(財)日本城郭協会から日本100名城の選定を受けました。



(朝来市「竹田城跡の歴史」より 2013/08/01)

【観光関連の記事】

   
「日本遺産」フォトコンテスト 受賞作品
「頂上からの眺め」
The World's Most Affordable Destination Spas