Huffpost Japan

「ピエリ守山」滋賀の大型商業施設、唯一の飲食店リンガーハットが閉店へ

投稿日: 更新:
PIERI
ピエリ守山HP
印刷

滋賀県守山市の大型商業施設「ピエリ守山 -びわこクルージングモール-」にある唯一の飲食店、リンガーハット琵琶湖ピエリ守山店が10月15日に閉店することが決まった。

【施設の関連記事】

2008年9月に滋賀のショッピングモールとしてオープンした「ピエリ守山」。敷地面積は約13万3000平方メートル、県下最大級の広さを誇る商業施設だった。しかしその直後から、同地区にイオンモール草津などライバルとなる大型商業施設が次々とオープン。リーマンショックなどの影響もあって営業不振が続き、オープン当時は約180〜200店だった入居店舗は激減。空き店舗が目立つようになっていた。

運営会社だった大阪の大和システム株式会社が、2010年10月に民事再生法を申請。2012年1月からは、三重県の株式会社kodo.ccが運営を引きついでいたが、先月9月25日に売却契約を結んだことを発表。今後は、千代田区の経営コンサルタント会社と大阪の不動産会社による合同会社「アンビエントガーデン守山」が商業施設として再生を目指すという。

ピエリ守山の担当者に聞いたところ、再生に向けた計画と今回のリンガーハット閉店は直接的には関係ないという。今後の計画やリンガーハットの再出店についても「お問い合わせありがとうございます。まだ再生が決まったという段階ですので、現時点では、まだご説明できることはございません」と答えた。

なお、リンガーハットは今月15日まで営業。8日以降は、10〜15時までの予定だ。

ピエリ守山のリンガーハットについては、インターネット上ではこんな声が上がっていた。

※「ピエリ守山」に飲食店がなくなることについてどう思いますか? 大型商業施設の再生について、どう思いますか? あなたの意見をお聞かせください。 

ハフィントンポストの人気記事

Close
小学館ビルの「落書き」写真集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

中日新聞:「ピエリ守山」を売却 15年めどに新装へ:滋賀(CHUNICHI Web)

ピエリ守山を魅力的な商業施設として再生へ――不動産事業社らが出資

深刻な“過疎化”が進む滋賀の商業施設「ピエリ守山」 ブロガーが現地をレポート