ニュース

ポケットで育った「赤ちゃんリス」【画像】

2013年10月18日 17時39分 JST | 更新 2013年10月18日 17時39分 JST

インドヤシリスの赤ちゃん、ロブくんを紹介しよう。ロブくんはこの夏、スリランカの路上に落ちていたところを、映画監督のポール・ウィリアムズ氏によって救出された。

イギリス放送局「BBC」の野生生物シリーズ『モンスーン』の撮影でスリランカを訪れていたウィリアムズ氏は、ある日の深夜に、ホテルの外の地面に取り残されている赤ちゃんリスを発見。母親が戻ってくることを期待しながら、リスをティッシュでくるみ、木の安全な場所に置いたという。同氏のウェブサイトには、「巣から落ちたか、兄弟リスに蹴落とされたのだと思った」と、その時の様子が綴られている。「最初は、母親の元に返したいと思った」

しかし、赤ちゃんリスの母親は戻って来なかった。ウィリアムズ氏とそのチームは、温度を感知する赤外線サーマルカメラまで持ち出して捜索したものの、同じ地域に住むリスを見つけることはできなかった。そこで同氏は、この赤ちゃんリスに「ロブ」という名前を付け、自ら世話をすることを決意した。

野生生物のレスキューセンターに勤務していた経験があるというウィリアムズ氏は、リスの世話に関する資料を読み込んで研究したという。「自分は大事な責任を負った、とよくわかっていた」と同氏は述べる。

野生に戻すまでの2週間、同氏はロブくんに餌を与え、シャツのポケットに入れて持ち歩いた(写真では、ほとんど寝ている印象があるが、それは正常なのだという)。

イギリスに戻る日が近づき、一緒には連れて帰れないことを知っていたウィリアムズ氏は、ロブくんのために別の住まいを探すことにした。見つけたのはホテルだ。「人に慣れたインドヤシリスたちがたくさんいて、客が残した朝食を食べにテーブルまでやって来る」場所なのだという。

ウィリアムズ氏は、「ここなら食べ物もたくさんあり、信頼できる人たちがいるので安心だ。スタッフは、捨てられた赤ちゃんリスの世話に慣れていて、ゆっくりと野生に戻してくれる」と説明する。

「小さな友達と別れることになって寂しい。一緒に過ごした時間を大切に思っている」

H/t Daily Mail

[James Gerken(English) 日本語版:兵藤説子、合原弘子/ガリレオ]

関連記事

「動物の母親と子供」