ニュース

世界35カ国首脳の通話を盗聴していたアメリカ諜報機関に世界中から批難の嵐/ハフィントン・ポスト各国版 本日のスプラッシュ 10月25日

2013年10月25日 17時51分 JST | 更新 2013年10月25日 17時51分 JST
The Huffington Post

ハフィントン・ポスト各国版10月25日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントン・ポストのトップ記事のこと。

アメリカ国家安全保障局(NSA)が世界35カ国のリーダー35人の通話を傍受していたことが明らかになった件について、ヨーロッパ諸国をはじめとする世界各国から批難が集中しており、ハフィントン・ポストの各国版でもフランス、ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、アメリカの6カ国がトップ記事として扱っています。24日に始まったヨーロッパ連合(EU)の首脳会議にて、ドイツとフランスが主導してアメリカと協議を行なうことが決定しましたが、ヨーロッパ各国で対応にやや温度差があるようです。今後は、国際的な諜報活動についての規範を確立することを目指して、協議が行なわれる予定です。

関連記事

本日のスプラッシュ 10月25日
【ドイツ版】メルケル首相と彼女の電話
【US(アメリカ)版】NSAによる他国首脳の通話傍受 政治家たちの反応
【カナダ版】写真で見る地球温暖化の原因