ニュース

「マツコの日本ボカシ話」第1回で放送休止 営業からクレームか

2013年10月29日 23時58分 JST | 更新 2013年10月30日 00時12分 JST
tbs.co.jp

TBSは29日、タレントのマツコ・デラックス(41)が司会を務め、関東地区などで放送中の新番組「マツコの日本ボカシ話」の放送を同日からいったん休止すると発表した。10月22日に放送が始まったばかりだった。スポニチが報じた。

同番組は、金融や医療などの関係者が、顔にぼかしを入れて"裏事情"を話す番組。ぼかしの演出が局の内規に抵触するおそれがあると判断したという。

TBSは29日、タレントのマツコ・デラックス(41)が司会を務めるバラエティー番組「マツコの日本ボカシ話」(火曜後11・58)の放送を同日からいったん休止すると発表した。 毎回さまざまな業界の関係者が登場しテレビでは話しにくい裏話を顔にぼかしを入れて語る番組。

(スポニチ「マツコ司会番組 放送1回で休止…演出方法を再検討へ 」より 2013/10/30 06:00)

同番組HPにて「全編ボカシという表現・演出方法には、「マツコの日本ボカシ話」の全編ボカシという表現・演出方法には、局の内規に抵触するおそれがあることから、一旦、番組の放送を休止し、表現・演出方法の再検討を行います」と発表していたが、演出の見直しをすることなく、放送休止が決まった。

MSN産経ニュースが、複数の関係者に確認したところ、同局営業サイドが制作側に対してクレームをいれたとの情報があるという。

初回は、生命保険会社のセールスレディーが出演し、“枕営業”について言及していた。複数の関係者によると、同局営業サイドが制作側に「生保会社がCMから撤退してしまう」とのクレームを入れたとの情報もある。



(MSN産経ニュース「マツコ新番組第1回で休止 営業サイドからのクレームが理由か」より 2013/10/30 07:59)

※新番組「マツコの日本ボカシ話」が放送休止になりました。あなたはどう思いますか? 意見をお聞かせください。

Twitterの声

【テレビの関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

お笑い芸人 画像集