ニュース

NSA盗聴問題、アメリカ上院情報委員長も批判 諜報活動の抜本的見直しを提案/ハフィントンポスト各国版 本日のスプラッシュ 10月29日

2013年10月29日 18時13分 JST | 更新 2013年10月29日 18時31分 JST
The Huffington Post

ハフィントンポスト各国版10月29日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。

先週に引き続き、アメリカ国家安全保障局(NSA)が世界35カ国のリーダーたちの通話を盗聴していたことへの批判が続いています。しかし、今週は、長年NSAの諜報活動を擁護してきたアメリカ上院情報委員長のダイアン・ファインスタイン議員が、同盟国を対象として諜報活動を行うことに強い異議を唱えたため、NSAは動揺を隠しきれない様子です。

ファインスタイン議員は10月29日に発表した声明の中で、「アメリカは敵国、あるいは非常事態においてのみ他国を監視するべきであり、監視が必要とされる局面においても、必ず大統領が個別に認可をするべきである」と述べ、同盟国であるドイツやフランスを監視していたNSAとともに、事態を把握していなかったオバマ政権にも批判の矢を向けました。

関連記事

本日のスプラッシュ 10月29日
【ドイツ版】メルケル首相と彼女の電話
【カナダ版】議員資格停止処分にさらされている議員たち