ニュース

JT、タバコ生産縮小で社員1600人削減

2013年10月30日 16時43分 JST | 更新 2013年10月30日 17時00分 JST
jiji

日本たばこ産業(JT)は10月30日、タバコ販売の減少をうけて生産体制を縮小することになった。社員数を削減し、国内工場を閉鎖すると発表した。時事ドットコムが報じた。

日本たばこ産業(JT)は30日、たばこ販売の減少を受けて生産体制を縮小するため、国内9工場のうち4工場を、2016年3月までに閉鎖すると発表した。これに伴い、本社社員の約2割に相当する1600人規模の希望退職を募集し、収益体制の強化を図る。



(時事ドットコム「時事ドットコム:国内4工場、16年までに閉鎖=社員1600人削減へ-JT」より 2013/10/30 15:30)

同社は、生産体制を縮小するため、9工場のうち、郡山(福島県)、浜松(静岡県)、平塚(静岡)、岡山印刷(岡山県)の4工場を閉鎖する。国内でのタバコの売り上げ減少の影響をうけて、国内の営業所を25カ所から15カ所に集約するという。

2014年4月以降、消費材が8%に引き上げられるの合わせ、タバコ大手3社は、タバコの価格を最大20円程度引き上げる方向で調整を進めていた。

タバコ産業の調査によれば、日本の成人男性の平均喫煙率は32.2%で、この19年間、減少しつづけており、今回のタバコ価格の値上げが、更なる喫煙者減少につながる可能性があると見られていた

※JTがタバコの生産体制を縮小すると発表しました。社員の削減、工場の閉鎖について、どう思いますか? 意見をお聞かせください。

【タバコの関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

Our Body On Tobacco