ニュース

任天堂、232億円の赤字 岩田聡社長が語った年末商戦とは?

2013年10月30日 21時19分 JST | 更新 2013年10月30日 21時19分 JST
Getty
Satoru Iwata, president of Nintendo Co., speaks during a corporate strategy meeting in Tokyo, Japan, on Thursday, Jan. 31, 2013. Nintendo, the world's largest maker of video-game machines, plunged the most in eight months in Osaka trading after forecasting a second straight operating loss on lower-than-expected sales of its consoles and players. Photographer: Koichi Kamoshida/Bloomberg via Getty Images

任天堂が10月30日に発表した2013年4-9月期の連結決算は、営業損益が232億円の赤字だった。赤字の背景には何があるのか。岩田聡社長は、何を語ったのか。

reuters logo

任天堂<7974.T>は30日、2013年4─9月期の連結営業損益が232億円の赤字(前年同期は291億円の赤字)になったと発表した。連結売上高は前年同期比2.2%減の1965億円。欧米での「WiiU」の値下げや、販売管理費の増加などが影響した。

大阪市内での記者会見で岩田聡社長は、新型ゲーム機「WiiU」については、販売が大きく上向いた状況にないとした上で、年末商戦に向け、有力ソフトの本体とのセット販売や、周辺機器の投入などを通じ、「このタイミングで状況を変えたい」と、通期目標の達成に強い覚悟で臨む姿勢を示した。

一方、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」は有力ソフトの投入により国内では「大変いい流れで年末商戦に入れる」と分析。海外においても「大いに期待している」と話した。

円安の影響で為替差益が183億円発生したことから、中間期の経常損益は12億円の黒字(同472億円の赤字)、当期損益は6億円の黒字(同279億円の赤字)と改善した。14年3月期末時点の想定為替レートは、ドル/円が90円、ユーロ/円が120円で、それぞれ据え置いた。

新型ゲーム機「WiiU」の14年3月期の販売計画は900万台で据え置いた。「ニンテンドー3DS」は同1800万台、据置型ゲーム機「Wii」は同200万台に据え置いた。

通期の業績予想も据え置いた。営業利益は1000億円(前期は364億円の営業赤字)となる見通し。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト22人の予測平均値669億円を49.2%上回っている。連結売上高予想は前期比44.8%増の9200億円、経常利益は同8.6倍の900億円、当期利益は同7.7倍の550億円の見通し。

(長田善行)

[東京 30日 ロイター]

関連記事

任天堂 ゲーム コスプレ 画像集