ニュース

上原・田沢完璧リリーフ! ボストン・レッドソックスが6年ぶり8度目のワールドシリーズ制覇

2013年10月31日 00時27分 JST | 更新 2013年11月01日 01時18分 JST
Getty
BOSTON, MA - OCTOBER 30: The Boston Red Sox celebrate after defeating the St. Louis Cardinals in Game Six of the 2013 World Series at Fenway Park on October 30, 2013 in Boston, Massachusetts.Boston Red Sox defeated the St. Louis Cardinals 6-1. (Photo by Elsa/Getty Images)

ボストン・レッドソックス(ア・リーグ)とセントルイス・カージナルス(ナ・リーグ)が対戦したアメリカ・メジャーリーグ(MLB)のワールドシリーズ(7回戦)の第6戦が10月30日、レッドソックスの本拠地ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスが6年ぶり8度目の優勝を果たした。ハフィントンポストUS版がトップで伝えた。レッドソックスが本拠地でワールドシリーズ制覇を果たしたのは、1918年以来95年ぶりとなった。

ws

試合はレッドソックスが常にリード。三回に2死満塁からシェーン・ビクトリーノが左翼の「グリーンモンスター」を直撃する3点二塁打で先制。四回にはドルーのソロ本塁打のあと、マイク・ナポリ、ビクトリーノの適時打で3点を追加した。

カーディナルスが7回に1点を返し、なおも2死満塁のピンチにレッドソックスは田沢純一投手が救援。4番クレイグを打ち取りピンチを脱した。

9回からは抑えの上原浩治投手が登板。3人をピシャリと抑え完璧リリーフ。6-1でレッドソックスが4勝2敗で優勝を果たした。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

2013 ワールドシリーズ特集