ニュース

「ドラえもん」フル3Dで映画化 のび太の顔に違和感訴える声多数

2013年11月14日 20時09分 JST | 更新 2013年11月14日 20時09分 JST
DoraemonTheMovie

国民的に人気のアニメ「ドラえもん」。2014年夏公開の映画「STAND BY ME ドラえもん」はフル3DのCGで制作されることが明らかになった。予告編がYouTubeで公開されている。

監督は「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴氏、「friends もののけ島のナキ」の八木竜一氏が務める。

予告編で「ありそうでなかったドラえもん」と書かれている通り、3Dになったことにより今までのアニメとは大きく雰囲気が異なる。違和感を感じる声がTwitterでは多い。

Twitterの声

※「3Dのドラえもん」皆さんはどう思いますか?

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

小学館ビルの「落書き」写真集