ニュース

南米スリナムで新種の生物60種を発見 チョコレート色のカエルなど【写真ギャラリー】

2013年11月18日 19時26分 JST | 更新 2013年11月20日 21時14分 JST
CI / Stuart V Nielsen

南アメリカ最小の独立国「スリナム」にある熱帯雨林で、新種と見られる60種類もの生物が発見された。国際的な環境保護団体「コンサベーション・インターナショナル」(CI)の科学者チームの生態系調査で明らかになった。

今回発見された新種の中には、チョコレート色をした木登りが特異なカエルや、ルビー色をした2mmほどしかないフンコロガシなどが含まれている。CIの発表によると、調査隊のリアンヌ・アロンソ博士は、「私は世界中で遠征を行ってきましたが、これほどまでに美しく、純粋な、手つかずの森林を見たことはありませんでした」と話している。

南米スリナムで新種発見

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

最も絶滅が危惧される生物100種