ニュース

EUが日本の取り組みを「不十分」と批判 問題が多いと指摘された業界は?【争点:アベノミクス】

2013年11月19日 22時45分 JST
Reuters

reuters logo

来日中の欧州連合(EU)のデフフト欧州委員(通商担当)は19日、日・EU経済連携協定(EPA)交渉について、非関税障壁の撤廃に向けた日本側の取り組みはまだ不十分だとの認識を示した。

日・EU定期首脳協議に先立ち、ロイターとのインタビューで述べた。

日本とEUは今年4月にEPA交渉を開始したが、欧州の自動車メーカーからは日本の非関税障壁を懸念する声が出ており、EUは来年4月に日本の非関税障壁の削減姿勢を点検し、削減が足りない場合、交渉を中断する仕組みを導入している。

デフフト委員は「非関税障壁については、多くの問題で解決策が見つかったが、一方で、手続きだけが進展し、中身が伴っていない問題も残っている。したがって、1年間の期限内になすべきことがまだ一定程度残っている」と発言。「鉄道分野については、まだ多くの問題が残されていることを認めなければならない」と述べた。

ただ同委員は、過去3回の会合を通じ日本が市場開放に真剣であることを理解しているとも発言。「明らかにまだ多くのことが残されており、進展状況はまちまちだが、(日本には)市場を開放し、この協定を実現する真の意思と決意があると確信している」と述べた。

[東京 19日 ロイター]

関連記事

楽天マンガニュース「いまさら聞けない!TPPのヒミツとリスク」
日銀とアベノミクスの軌跡 画像で見るニュース