ニュース

「Mac OSの壁紙」にもなった北海道の美しい池

2013年11月26日 00時54分 JST | 更新 2013年11月27日 02時11分 JST

北海道美瑛町の南東部で発見されたこの魅惑的な場所は、世界で最も美しい池と言えるかもしれない。

とても魅力的なので、地元美瑛町在住の写真家、ケント白石氏が撮影したこの湖の写真は、アップル社が2012年7月に発売した「OS X Mountain Lion」の壁紙のひとつにもなっている。また、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の宣伝・プロモーションにも使われた

1988年に十勝岳が噴火した後、泥流や溶岩が町に流れ込むのを防ぐために、美瑛川にいくつかのえん堤が建設された。流れ出る場所がないまませき止められた水が溜まり、いつの間にか驚くほど美しい「青い池」となったものだ。

この池は天候によってその色を変えるので、その素晴らしさのすべてを目にすることができるかどうかは運次第だ。天気や光の当たり方によって、きらめくような明るい青からエメラルドグリーンまで、色はさまざまに変化する。

blue pond japan

日本語で「青い池」と呼ばれるのは、日本語の青が緑色も意味するからだという。

blue pond japan

blue pond japan

[Dominique Mosbergen (English) 日本語版:ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

11 Insanely Cool Bodies Of Water