ニュース

アイソン彗星、消滅? NASAが動画を公開

2013年11月29日 01時32分 JST | 更新 2013年11月29日 01時35分 JST

11月29日に太陽に接近すると見られていた「世紀の彗星」ことアイソン彗星だが、太陽に接近した際に熱で消滅してしまったようだ。NASAが伝えた。

「世紀の彗星」になると注目を集めたアイソン彗星が29日未明、太陽に最接近する際に太陽の熱によってバラバラに崩壊し蒸発したとみられると米航空宇宙局(NASA)が発表した。12月上旬には長い尾が肉眼で見えると期待されたが、もはや地上から姿は見ることはできないという。



(MSN産経ニュース「アイソン彗星、消滅 「太陽最接近時に蒸発」NASA発表」より 2013/11/29 10:22)

NASAはアイソン彗星が太陽に接近し、その後、姿を消す模様を動画で公開している。

もし消滅していなければ、12月4日頃に尾を長く引いた彗星が観測できるとされていた。

29日の前後数日間は彗星の見かけの位置も太陽に近いため、地上からの観察は難しい。消滅しなければ、12月上旬ごろ、尾を引く姿が肉眼でも観察できると予想される。



(朝日新聞デジタル「アイソン彗星、消滅?生き延びる? 29日に太陽最接近」より 2013/11/29 01:57)

アイソン彗星画像集

【宇宙関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています