ニュース

「街コン」に税金投入?「税金でコンパを支援するのか」との声も

2013年11月28日 21時39分 JST | 更新 2013年11月28日 21時50分 JST
Junko Mihara

「街コン」に税金使っていい? 政府の少子化対策で浮上

政府が近くまとめる経済対策に、同世代の男女に出会いの場を提供する「街コン」などを補助する事業を盛り込む案が浮上している。「婚活」を応援することで少子化に歯止めをかけようという狙いだが、「税金でコンパを支援するのか」との異論もある。

「街コン」支援は、内閣府が財務省に提案した。都道府県ごとに「少子化危機突破基金」をつくり、自治体が取り組む少子化対策にお金を出す案で、今後5年分として500億円を求めている。

支援するのは、独身男女の出会いの場づくりや、妊娠・出産の相談員をおく事業などだ。森雅子少子化担当相は26日の記者会見で、「(少子化という)国難を乗り越えていくため、若者が結婚して子どもを持つことを応援したい」と、予算確保に意欲を示した。自民党内にも26日、「婚活・街コン推進議員連盟」(小池百合子会長)が発足し、後押しする構えだ。

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

関連記事

2013年に結婚・婚約を発表した有名人
世界のロイヤルウエディング画像集