ニュース

アメリカの大規模セール「ブラック・フライデー」狂騒曲の裏にある現実 / 11月29日の各国版スプラッシュ

2013年11月29日 18時50分 JST
Huffington Post

ハフィントンポスト各国版11月28日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、US(アメリカ)版からお伝えします。

感謝祭明けの金曜日、アメリカでは全国的に大規模なセールが行われます。これを「ブラック・フライデー」と呼びます。しかし、その狂騒の裏では労働者たちの抗議の声が上がっています。

THE HOLIDAY SPIRIT! ホリデイ・スピリット!

sp

アメリカで感謝祭の次の日に行われる大々的なセール祭りは「ブラック・フライデー」と呼ばれており、冬のホリデイシーズン到来を告げる風物詩となっています。

しかし、その裏では労働団体によって「セールを行う店舗の従業員たちも家族と休暇を過ごすべきだ」と主張する抗議活動が行われていました。

大手チェーン店の多くが開業時間を感謝祭の次の日から、感謝祭当日の夜に早めたことが原因とされています。

各国版本日のスプラッシュ 11月29日

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています