ニュース

第一三共ヘルスケア、通販化粧品「ダーマエナジー」を販売中止

2013年12月05日 00時07分 JST | 更新 2013年12月06日 19時13分 JST
www.derma-energy.jp

製薬会社第一三共の子会社、「第一三共ヘルスケア」は11月5日、通販化粧品「ダーマエナジー」の販売を中止したと発表した

ダーマエナジーは、12年7月に発売された各種ビタミンを高濃度で配合したエイジングケア商品。発売直後から、肌のかゆみや赤み、腫れといった苦情が寄せられていた。同社は、返品などに応じるとともに、医療費も負担するとしている。

販売中止とともに、返品や返金に応じる。肌に異常があった人には、医療機関の受診を勧め、治療費は同社が負担する。同社によると、大半の人は、化粧品の使用をやめると2~3週間で症状が治るという。



(朝日新聞デジタル「肌トラブル多発、化粧品を販売中止 第一三共ヘルスケア」より 2013/12/05 10:44)

第一三共ヘルスケアは、返金や解約について、以下のように案内している。問い合わせは、同社お客様サービスセンター(0120・13・2844)まで。

ご購入いただいた商品につきましては、ご使用の有無に関わらずご返品を承りますので、ご協力をお願いいたします。



商品の返送方法やお客様への返金方法などの詳細は、準備が整い次第、お客様個々にお手紙でご案内いたしますので、お手元の商品の容器を捨てずにお持ちください。

※第一三共ヘルスケアの通販化粧品が販売中止となりました。化粧品によって肌トラブルが生じることについて、どう思いますか? あなたの声をお聞かせください。

【化粧品の関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

Five Things You Should Never Eat (And What To Eat Instead)
大企業の大失敗集