ライフスタイル

スマホで操縦できる紙飛行機

2013年12月09日 01時00分 JST | 更新 2013年12月09日 01時00分 JST

自分で折った紙飛行機を、スマートフォンを使って自由自在に飛ばせるキット「PowerUp 3.0」が登場した。

最新機能が付いたこの小さなおもちゃは、懐かしい手作りの紙飛行機に、ハイテク機器を組み合わせている。キットの素材は衝撃に強いカーボンファイバーで、リチウムポリマー充電池を搭載。上昇・下降の推力調整や、左右旋回操作が可能だ。1回の充電で10分のフライトができ、操作範囲は55メートルだという。

毎年ニューヨークで開催される「おもちゃフェア」で2013年「科学優秀賞」を受賞したが、それも当然の楽しいおもちゃだ。冒頭の動画では、実際に飛んでいるところを確認できる。

製作者が、量産と商品化を目指して資金調達サイト「Kickstarter」で出資者を募ったところ、目標5万ドルの10倍を超える52万ドル以上がすでに集まっている

出資は、2014年1月5日まで受け付けており、出資額に応じてさまざまな製品や特典が得られる。予備のプロペラ等が入った「基本パッケージ」は40ドルだ(日本では、こちらのサイトで、8090円で予約購入可能)。

[(English) 日本語版:遠藤康子/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

「子供のころにもらった、ひどいクリスマスプレゼント」