ニュース

セブン-イレブン「サラダチキン」があまりの人気に販売停止 年明け再開へ

2013年12月12日 02時19分 JST
narumi

高タンパク、低カロリーのダイエット食として、ネットでじわじわ人気となっていたセブン-イレブンの「サラダチキン」。あまりの売れ行きに生産が間に合わず販売が停止されている。現在は店頭に並ぶ在庫のみ。忘年会や新年会などついついカロリー過多になりがちのシーズンをひかえ、ダイエットをする人たちからは残念がる声が上がっていたが、セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)によると、時期は明確ではないが、来年から販売が再開されることになったという。

「サラダチキン」は鶏胸肉を調理したもの。125グラム198円で2013年春に発売された。野菜と一緒にサラダとして食べてほしいと売り出された商品だったが、高タンパク、低カロリーなのに、ボリュームがあって安価であることから、ダイエットに適しているとネットで人気に火が点いた。

秋には販売停止になるほどの売れ行きに。セブン-イレブン・ジャパンに確認したところ、「ダイエットに向いているとして、女性の間で人気があると聞いています。特別な販促活動はしておりませんので、ネットなどの口コミで広がったようです」とのこと。想定外の人気にやや戸惑っているようだった。

しかし、「現在は作り込みといって、より潤沢の在庫を製造しています。年明けには販売再開できる見通しです」(広報担当者)とのこと。販売停止を惜しんでいたダイエッターたちに朗報が届いた。これで、年末年始に多少、食べ過ぎても安心?

chicken

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

Meet Our Body Image Heroes