ライフスタイル

2014年に向けて、新たな気持ちで旅行に向き合う21の方法

2013年12月15日 00時46分 JST | 更新 2013年12月15日 01時05分 JST

多くの人たちが新年の抱負を守れないでいる。ちょっと気軽なところから、2014年の目標や抱負を考えてみるのはどうだるか。

私たちは、2014年に向けて、新たな気持ちで旅行に向き合う方法を考えてみた。

以下がそのリストである。

仕事を減らして、一生懸命に遊ぶ。

parasailing

詰め込みすぎない。

packed suitcase

恐れを乗り越える。どんな恐れでも

bungee jumping

ストレスをやわらげる休暇をとる。1日でもいいから。

woman swinging in hammock

才能を何かに結びつける。例えば、行ってみたい場所に家を建てるために、地元のチャリティで絵を描く。

habitat for humanity

迷子になってみる。

traveler walking city

少しは学ぶことを誓う。

travelers learning

よい写真を撮って、瞬間について思い出の品を残す。

traveler taking pictures

地域と会話を始める

local talking to tourist

行く前に目的地の歴史について読む。

travel planning

すべてに全力を尽くすのはやめて、細かい計画は他人に任せる (一部だけでも)。

travel planning

計画から逸れて、行き当たりばったりになる。

lost traveler

レビューにこだわって、「最高」の場所に行くのはやめる。

locals restaurant

旅行者について、今まで私たちが言ってきたことに矛盾するが、旅行者に親切に接する。

local directing tourists

住み慣れた町を旅してみる。

new yorker sightseeing

年休は全部、そして賢く使う。元気を取り戻すためクッションになる日をもつ。

vacation days

旅行のために貯金箱を用意して、お金を貯める習慣をつける。

piggy bank

前から行ってみたいと思っていた場所を特に一つ選び、行き方を調べ、お金を貯め、そして行く。

travel planning

今日できるなら先延ばしにせず、今日、予約をして、楽しむ。

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

Best Places To See A Supreme Sunset