ニュース

防空識別圏、安倍首相の批判は「悪意ある中傷」 中国報道官が不満表明

2013年12月15日 23時05分 JST
時事通信社

reuters logo

中国外務省報道官は、安倍首相が中国の防空識別圏を批判したことについて「悪意ある中傷」だと批判した。

安倍首相は14日、日・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議後の会見で、中国が防空識別圏を設定し、公海上空の飛行の自由を不当に侵害したと発言。飛行の自由を妨げる一切の措置の撤回を求めた。

これについて、中国外務省報道官は「日本の指導者が国際的な場を利用して悪意を持って中国を中傷したことに強烈な不満を表明する」と表明。「釣魚島(日本名・尖閣諸島)は中国固有の領土であり、日本による占領・占拠は違法であり無効だ」と述べた。

さらに「中国側は、主権と領土の保全を守るため、必要な措置をとった。これは完全に合法的で非難の余地はない」と主張した。

中国外務省のウェブサイトに報道官の談話が掲載された。

[北京 15日 ロイター]

関連記事

中国初の空母「遼寧」
尖閣問題 画像集