ニュース

国会議員が裸で新エネルギー法案に抗議:メキシコ

2013年12月16日 01時14分 JST

法案の通過に抗議するためにフィリバスター(米国連邦議会上院で、演説を長時間続けて議事を妨害する手法)やプラカードといった手段はもう古い。新しいやり方は、古き良きストリップショーを行うことだ。

メキシコ議会で12月11日(現地時間)、民主革命党に所属するアントニオ・ガルシア・コネホ議員が、議会での演説中に服を脱いで下着一枚になった。新しいエネルギー法案が、いかに石油の豊富なメキシコの土地を裸にする可能性があるかをアピールするためだ。

「こんなふうに、あなたがたは我が国を裸にしているのだ。そのメリットはどこにあるのか」と、コネホ議員は議会に訴えた

この歴史的な新エネルギー法案は、メキシコが1938年に石油事業を国営化して以来初めて、外国の民間エネルギー企業に対して石油とガスの採掘を認めるものだ。CBS Newsによれば、1938年以降は、国営企業のペメックスが、同国の石油生産を独占してきた。

同法案に反対していた議員たちは、メキシコの石油産業が1938年以前のように米国に支配されることを恐れていた。他の議員らも、下院にあたる代議院の本会議場への入り口を椅子や机で封鎖して議事を中断させようとした、とCBS Newsは報じている。BBCによると前日には、上院にあたる元老院でこの法案は可決されていた

法案の採決が始まっても、反対議員らは、「故国は売り物ではない! 故国は売り物ではない!」と叫んで、採決を妨害し続けた。だが法案は、決選投票で賛成354反対134の圧倒的多数を獲得して、代議院を通過した。

ほとんどの石油業界アナリスト、そしてニエト大統領が所属する制度的革命党と、右派の国民行動党は、この法律をメキシコの石油産業を好転させる機会だと考えている。

同国の石油生産量は、投資の拡大にもかかわらず、2004年と比べて25%減少している、とBBCは指摘している

ただし、この法律を施行するには、最終的に、メキシコの31ある州のうち17州から承認を受ける必要がある。

画像ギャラリーでは、環境団体等が行い、話題になった抗議行動を紹介している。

Evolution of Green Activism

[Emily Thomas(English) 日本語版:佐藤卓/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています