ニュース

「黒子のバスケ」作者の藤巻忠俊さん「ほっとしました」 渡辺博史容疑者の逮捕でコメント

2013年12月20日 02時22分 JST
shonenjump.com

人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる一連の脅迫事件の容疑者が逮捕されたことを受けて、12月18日に作者の藤巻忠俊さんがコメントを発表した。連載誌の週刊少年ジャンプの公式サイトに「読者の皆様へ」という表題で掲載されている。

容疑者が逮捕されたと聞き、まずはほっとしました。捜査に当たってこられた方々、これまで変わらず応援してくださった読者の皆様には本当に感謝しています。 これからも楽しんでいただける作品を執筆していきたいと思います。

「読者の皆様へ」藤巻忠俊|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト shonenjump.com

2012年10月以降、全国各地に脅迫状が届いたことで、同年12月のコミックマーケット83でも「黒子のバスケ」関連の作品の出展が中止になった。また、2013年10月には、大手レンタルビデオ店「TSUTAYA」の全店舗から「黒子のバスケ」関連商品が撤去されるなど大きな騒ぎになっていた。

12月15日、大阪市東成区の職業不詳、渡辺博史(ひろふみ)容疑者が、藤巻さんの母校の上智大学に硫化水素入りの容器を置くなどしたとして、威力業務妨害の疑いで警視庁に逮捕された。「ごめんなさい、負けました」と話し、一連の脅迫事件の容疑を認めているという。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

JAPAN EXPO 2013
【2日目】コミケ84の写真集【8月11日】
小学館ビルの「落書き」写真集