ニュース

石原慎太郎氏「維新は憲法改正で安倍政権に協力する」

2013年12月18日 19時01分 JST | 更新 2013年12月18日 19時02分 JST
時事通信社

日本維新の会は憲法改正で安倍政権に協力する――。

日本維新の会の石原慎太郎・共同代表は12月18日、首相官邸で安倍首相と昼食を共にし、維新の会が憲法改正などで安倍政権に協力する考えを述べた。会談は安倍首相の招きで実現した。時事ドットコムなどが報じた。

石原氏は「維新は是々非々で協力する」と述べ、憲法改正などのテーマでは協力を惜しまない意向を伝えた。これに対し、首相は「しっかりと時間をかけて、憲法の問題をやらないといけない」と応じ、粘り強く取り組む姿勢を示した。



(時事ドットコム「憲法改正で政権に協力=維新・石原氏、安倍首相と会談」より 2013/12/18 17:22)

■野党再編、結いの党との連携についての考え方は?

会談には維新の会の平沼赳夫代表代行も同席。18日に江田憲司衆議院議員らが結成した新党・結いの党との連携については、次のように話している。

一方、平沼氏は記者団に、みんなの党に離党届を出した江田憲司衆院議員らによる「結いの党」との連携について「全くない」と明言した。



(MSN産経ニュース「憲法改正「協力する」 首相に石原維新代表」より 2013/12/18 17:29)

結いの党の政策では、憲法改正については触れられておらず、「現行憲法下で、まずは可能な自衛権の行使のあり方を具体化。必要に応じて法整備」という方向が示されている。

■党内には旧太陽の党系への不満も……

維新の会内部では、大阪維新の会を中心とした若手議員らが非自民勢力の結集を目指している。彼らは石原共同代表ら、旧太陽の党系の議員の動きに不満を募らせる。

先日、東国原英夫・元参議院議員が日本維新の会を離党したのも、そうした不満が背景にあるようだ。石原慎太郎氏らの旧太陽の党と合流したあたりから党が変わり、原点回帰も難しくなったという趣旨のツイートをしている。

■橋下氏は野党再編に意欲も、抑えこまれている状態か

日本維新の会の橋下徹・共同代表は8月、柿沢未途氏がみんなの党を離党した際に、「自民党に対抗する新しい勢力を作るために、維新の会の若手国会議員は柿沢さんの動きに追随して欲しい」と発言し、野党再編について意欲を示している。

しかし、10月には石原共同代表らが野党再編について「したたかなシニアに任せないと。1、2年生がバタバタ動き回ってもどうなるもんでもない」などと発言し、橋下氏らの動きを牽制していた。

【※】石原慎太郎氏と安倍首相の会談について、あなたはどう評価しますか。ご意見をお寄せください。

関連記事

ニュースで見る橋下徹市長 画像集